ワタナベ鯉のぼり

会社案内についての情報です。

会社案内

HOME > 会社案内

会社概要

会社名 ワタナベ鯉のぼり株式会社
本社営業部 〒444-0043 愛知県岡崎市唐沢町1丁目14番地
TEL 0564-21-8374(代表)
FAX 0564-25-0874
工場 〒444-0825 愛知県岡崎市福岡町西後田10番地
創業 明治37年
法人創立 昭和43年10月
資本金 10,000,000円
役員 代表取締役社長 渡辺要市
専務取締役 渡辺大治郎
取締役 渡辺健一郎
決算期 年1回6月
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 岡崎駅前支店
岡崎信用金庫 本店営業部

会社沿革

明治37年 初代・渡辺要市が五月武者のぼり業 森田松次郎氏より独立。名古屋市西区八坂町にて渡辺幟店として五月武者幟製造を始める。
大正元年 出生地(岡崎市中村町)の近く岡崎市福岡町(現工場所在地)に移転、渡辺要市商店として営業開始。
大正3年 五月鯉幟を布製にて製造開始。
昭和16年 物価統制令により一時休業。
昭和22年 二代・渡辺種美が家業を継承、五月武者絵幟及び五月鯉のぼり製造を開始。
昭和41年 東洋紡績(株)の高級ナイロン地を使用したナイロン鯉のぼりを製造開始。
昭和43年 販売部門を独立させ、岡崎市唐沢町にて法人ワタナベ鯉のぼり株式会社(資本金750万)を設立し、全国的な視野のもとに販売網を拡げる。
昭和45年 最高品質、東洋紡シルファインを使用した羽衣鯉を発売。
昭和48年 新製品、東洋紡フレンチパイル段掛“桃園”を当社で開発し販売を開始。
昭和53年 東洋紡ナイロンツイル(フランス綾織)にて“綾錦鯉”を新製品として開発、販売を始める。
昭和56年 武者幟において、伝統的産業功労者賞を通算大臣より受賞。
昭和59年 東洋紡ナイロンタフタに金箔加工を施した新製品“黄金錦鯉”を製造、販売を始める。
昭和63年 東洋紡ナイロンバルロフトに金箔染色ぼかしを施した新製品“江戸錦鯉”を製造、販売を始める。
平成元年 江戸錦鯉の吹き流しとして、青龍・白虎・朱雀。玄武そして日輪を美しく配した子供達のお守り、めでたい瑞祥吹き流しを製造、販売する。
平成2年 配送倉庫を本社近隣に建設、カッティング情報機器を導入。
平成3年 三代・渡辺要市が社長就任、製造部門(旧 渡辺要市商店)・販売部門を合併。
平成5年 資本金1,000万円となる。まちの鯉のぼり“アーバン錦鯉”を新発売。
平成6年 東洋紡クリスパにより、瑞雲と邪気払いの薬玉を配し、ウロコに見立てた青海波の模様が躍る艶やかな鯉のぼり“彩雲錦鯉”を開発。従来のナイロンより20%軽く、丈夫さも追求し、新発売。同年東京節句人形コンクールにおいて彩雲錦鯉が文部大臣特別賞を受賞。
平成9年 ポールのいらない内飾り・外飾り兼用の鯉のぼりセット“鯉物語”(ベースは江戸錦鯉)を開発、実用新案を獲得、文部大臣特別賞を受賞。
平成10年 “鯉物語”のグレードアップ商品、内飾り専用鯉のぼり・武者絵幟セット『尚武』を発売。
平成11年 創業95周年を記念して手描き本染め鯉のぼり「天」(TEN)を新発売。2間半セット、1間マンションセットを限定生産。
平成13年 New江戸錦「新世紀」(センチュリー)を新規に発売。
平成15年 Hello Kittyこいのぼりを発売。
平成17年 鯉物語「天華」、会津塗祝い絵を発売。
平成18年 「天華」錦鯉を発売。
パールトーン社と独占契約を結ぶ。
平成19年 座敷鯉物語「天華セット」「江戸錦セット」を発売。
平成22年 手描き本染タペストリー発売。
平成23年 市街地用鯉のぼり "吉祥天" を発売。
東日本大震災に対して日本鯉のぼり協会が『鯉のぼりプロジェクト』で支援
がんばろう!日本 吹流し発売。売り上げ金の10%を寄付。
平成25年 室内で鯉が泳ぐ!
粋々モビール鯉物語で実用新案を獲得。

アクセス方法

本社:
〒444-0043 愛知県岡崎市唐沢町1-14
TEL:(0564)21-8374 FAX:(0564)25-0874

このページトップへ